« 2011年10月 8日 |Top

最新記事【2011年10月 9日】

身長が低いと色々なことで悩まなければならないでしょう。

もちろん、その事で悩む必要は本来ないのですが、どうしてもコンプレックスの元となってしまうのです。

身長は10代の時に伸びるものですので、大人になってから悩んだところで後の祭りなのです。
女性と付き合う時でも、自分の身長と相手の身長をついつい比べてしまうものではないでしょうか?

10代であれば身長を伸ばす方法はいくらでもあります。
身長を伸ばす方法というよりも、伸びないようにしている行動を改めるという方法で良いのです。
それだけで身長は自然と伸びてゆくものです。
したがって、身長が伸びなかった人にはそれぞれ原因があるでしょう。
昔の日本人は一般的に身長が低かったのですが、現代ではそのようなことはありません。
ですから、親の身長が低いからと言って諦める必要はないでしょう。
身長は遺伝ではないからです。
もちろん、低身長症という病気であるケースも稀にあります。
しかし、その可能性というのは殆ど無いと考えてよいでしょう。
身長を伸ばすための方法を幾つか挙げてみます。

まず、<b>食事</b>です。
食事については朝・昼・晩と規則正しく摂ることが大切です。
特に朝食を抜くのはよくありませんし、夕食を遅く摂ることも身長を伸ばすためにおいては良くないのです。
栄養としては、食事の中でカルシウムを取ることが大切です。
カルシウムが骨を作っているからです。

それから<b>睡眠</b>です。
成長ホルモンが人の体を成長させているのですが、成長ホルモンは睡眠中に分泌されるのです。
なので、十分な睡眠というのが非常に大切になってきます。
つまり、食事と睡眠が身長に大きく関係していきます。

身長を伸ばす方法

さまざまな身長を伸ばす方法をご紹介します。小学生はもちろん中学生、高校生、20歳を過ぎてからでも身長が伸びる可能性を高めることはできます。食べ物や運動などによって身長を伸ばしましょう。
カテゴリー
更新履歴
身長を伸ばす方法(2011年10月 9日)