Top > 身長の基礎知識 > 睡眠と身長

睡眠と身長

寝る子は育つということばがあります。
現代の医学において、それが真実であることが証明されています。

つまり、身長を伸ばす方法として、睡眠が重要な役割を果たしていると言えるでしょう。
いくら高価なサプリメントを飲んだからといっても、確実な睡眠を取らなければその効果は期待できないでしょう。
では、何故そのような睡眠をとるべきなのかについて考えてみましょう。
まず、睡眠はノンレム睡眠とよばれる状態の時に、成長ホルモンの分泌が行われます。
つまり、ぐっすり眠れば良いということです。

ぐっすり眠るためには、寝る前の刺激を少なくしておかなければならないでしょう。
寝る前の食事やテレビゲームは睡眠を妨げます。
また、部屋の電気を明るくしたままでの睡眠もよくありません。
まぶたを閉じていても、照明がついていれば、網膜は反応するのです。
それによりノンレム睡眠ができなくなるのです。

睡眠の時間というのは、年齢によって変わってきます。
成長期である中学生くらいの時は、8時間くらいが良いと言われています。
大人になると、逆に睡眠時間が少なくなっていくのです。
これは自然な人間の行動です。
しかし、寝過ぎると逆効果という話は聞きませんから、その心配はないでしょう。
それから、睡眠を取る時間帯です。
夜の10時から午前2時までの間は熟睡することが良いとされています。
人間が昼間に寝る動物ではなく、夜に寝る動物であるということが関係しているのでしょうか?
睡眠により成長ホルモンの分泌が盛んになります。
成長ホルモンにより骨が伸びていくのです。
もちろん、身長を伸ばす方法としては、睡眠だけ押さえておけば良いというわけではありません。

身長の基礎知識

関連エントリー
身長の情報サイト大人と子供の身長成長ホルモンとは成長期の身長睡眠と身長低身長について身長を伸ばす栄養素骨と身長背が伸びる病院で身長を伸ばす身長についての悩み身長と遺伝身長が伸びる仕組み身長を伸ばすために
カテゴリー
更新履歴
身長を伸ばす方法(2011年10月 9日)
身長の情報サイト(2011年10月 8日)
年齢と身長(2011年10月 3日)
大人と子供の身長(2011年9月30日)
成長ホルモンとは(2011年9月21日)
身長革命(2011年9月20日)
身長を伸ばす生活(2011年9月15日)
成長期の身長(2011年9月 9日)
身長と矯正(2011年9月 4日)
身長を伸ばす薬(2011年8月31日)